今後公の場で

ツイッターで拡散して、政治家基準ではなく、女子基準で政治には素人の一般人に訴えたところに、塩村議員のあざとさがある。 政治のツイッター拡散アリにしてしまったので、

今後の政治は議場内ではなく、ネット上での数の取り合いになり、より仁義なき争いになるだろう。議場にはルールがあるが、ネット上には公式ルールがないので。
これはある種、痴漢冤罪の言葉版になったので、今後公の場で男性が結婚、出産、育児、生理、恋愛、女性の容姿、女性の年齢について口にすることは、ほとんど不可能になった。
最高権力である代議士であっても、セクハラと疑わしい発言をしたら社会的に抹殺される事例が出来たから。 たぶん今後は、職場婚や社内恋愛は激減する。 塩村議員は口で言っている建前とは裏腹に、非婚化・少子化を促進し、職場での男女分断、男女摩擦を増加させて女性が働き難い職場にしたと思う。
なんとも男女間分断が酷いことになりそうだが、左翼による女性利用の手口を破綻させるためには、いったん究極まで草食化を進めて、日本においてセクハラしたり性犯罪をやるのは、日本のルールを守る気がない特殊な人だけです。