産業スパイ

況してや、データを不正コピーしてとかいう件から、
ただの犯罪でしかないわけで、技術者としてのどうこうとかなど、

この件については関係ないわけで、他社の社員に問題となる情報にアクセス出来るとかいう東芝のリスク管理の問題で発生した犯罪なわけです。
この件は情報漏洩と本質は一緒で、技術者とかいう件はこの件とは全く関係ないし、産業スパイとかいう問題ですらないw 杜撰な運用で社外に情報漏洩したという事件で、漏洩したのが顧客情報ではなく、技術情報だったというお話で、それ以上でもそれ以下でもないわけです。 この手の犯罪であれば、情報漏洩を避けるのと一緒の対策でいいわけですが、技術漏洩については、別の対策が必要なのは事実です。
そういう意味では、社内ではリスク管理の一環として、機密情報へのアクセス制限、データの私的持ち出しについて出口を塞げばいいわけです。
あとは産業スパイ防止法などで、外国へ不正な技術漏洩に関する法律の整備も必要でしょう。 罰則を強化して犯罪で罰則が重いのであれば、犯罪意識を高めることで、情報漏洩のリスクが重いのであれば、この手の犯罪は減ります。