睡眠

演奏会の開催されるホールやダンスを踊るためのフロアなどに設けられた大きなスピーカーのすぐ近くで大きな音を聞いて難聴になる症状を「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼んでいるのです。
「常に時間に追われている」「上辺だけのいろんな付き合いが苦手だ」「テクノロジーや情報の高度な進化に付いていくのが大変」など、ストレスが蓄積される要因はみんな異なります。
トコトリエノールの機能としては抗酸化効果が特に認識されていますが、その他に肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの生成を抑えるということが言われています。
花粉症の緒症状(水っぱな、鼻詰まり、連発するクシャミなど)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、それが引き金となって睡眠不足になり、次の日目覚めてからの諸活動に良くないダメージを与えるかもしれないのです。
天然の化学物質、フィトケミカルの一つのスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる有機硫黄化合物について、肝臓が持っている解毒酵素の自然な創造活動を促進しているのではないかという真実が判明してきました。
高熱が特徴のインフルエンザに適している予防術や治療方針等必須の対策自体は、季節性のインフルエンザであっても新型のインフルエンザであってもほとんど変わりません。
脳内にあるセロトニン神経は、自律神経を調整したり痛みの防御、分泌物質の覚醒などを司っており、単極性気分障害(大うつ病)の患者は作用が鈍化していることが証明されている。
現在のオペ室には、W.C.や器械室(apparatus room )、手術準備室を用意し、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を設けるか、そうでなければ近距離にレントゲン撮影のための専門室を準備するのが通例である。
子どもの耳管の構造は、大人と比較して幅が広くて短い形状で、尚且つ水平に近いため、細菌が入りやすくなっているのです。大人より子供の方がよく急性中耳炎に罹るのは、この事が関わっています。
汗疱というのは掌や足の裏、指の隙間などにプツプツとした小さな水疱ができる皮膚病で、基本的には汗疹(あせも)と呼ばれており、足裏にできると足水虫と早とちりされるケースが結構あります。
体脂肪量(somatic fat volume)にはさして変動がなく、体重が食事や排尿等により一時的に増減するような時、体重が増えた人は体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減った人の体脂肪率が高くなるのです。
ピリドキサミンには、色々なアミノ酸(Amino acid)をTCA回路と呼ばれているエネルギーを活用するために欠かせない重要な回路へ導入するためになお一層細分化するのを助長する働きもあると言われています。
ハーバード大学医学校(HMS)の調べによると、通常のコーヒーと比較して毎日2カップ以上デカフェコーヒーを飲めば、なんと直腸がんの罹患リスクを半分も減らせたということが明らかになっている。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことに加えて喫煙・アルコールの常飲・隠れ肥満などの生活習慣が乱れたこと、ストレスによって、殊更日本人に患者が多い病気だということができます。
脂肪過多に陥っている肥満は無論摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足が主因ですが、量は変わらないごはんであったとしても、急いで食べ終わる早食いを続けていれば肥満の状態を招く結果になります。