殻は弱くて

日本で有名な本ズワイガニの方が、段違いに甘味を持っている上にデリケートで、食べごたえのある大ズワイガニの方は淡白となっている身が大ぶりなため、思う存分味わう時には人気となっています。

どちらかといえば殻は弱くて、支度が楽なところも喜ばれるところです。旬のワタリガニを見つけた場合はやはり蒸し蟹と言うものをご賞味してみませんか?

水揚の直後は本来の茶色い体をしていますが、茹でたときに赤く色づきその様子が咲いた花みたいな風貌になるということでこのカニの名前が花咲ガニになったと言う話があります。

脚は短いのですがいかつい体に旨味のある身がぎっしりと入っている風味豊かな花咲ガニは食いでがあります。その希少性から、通販でお取り寄せする際は別種類のカニを買うよりも料金は高くなります。

茹でた旬の花咲ガニを解凍のあと二杯酢で食すのはどうですか。他には花咲ガニを解凍して、簡単に炙ってから満喫するのも素晴らしいです。