一息ついてから行くことにした

17時半頃、家に帰る間際の薬局を出た所で電話が鳴った。
親父が通う病院の医師からだった。
話によれば15時頃から“胸が苦しい”と、訴えた親父が自分で病院に来たようだ。
救急車を呼ばずに自分の足で来たようだが、症状から「心筋梗塞」と診断し、現在救急措置をしているということ。
アッソと、思ったが“これから来れますか?”と言うので致し方なく病院へ行くことにする。

手術に2~3時間掛かると言う話だったので急いで行っても待たされるだけだと思ったので、家に帰って一息ついてから行くことにした。
一応、親父の今や唯一の兄弟、叔父に電話したら“俺も行く”と云うことなので事務所に寄ってからサブの母ちゃんの運転で足立区の病院へ。
18時半に家を出て1時間ほどで病院に着いたが、病院は前に小生が住んでいたマンションの直ぐ傍で場所は分っていた。

病院に着くと弟のカミさんが先に着いていて、看護師から説明を受けている途中。
“胸が苦しい”と云うことで心臓が疑われたのだが、予想通り心筋梗塞で詰まった血管を拡げる手術中だった。
オペ室の外で暫く待っている間に弟もやってきて、総勢5人になった。