さてここで疑問

今年のさくらは諦めていたけれど、わずか2泊3日の帰国で満開ではなくても見られるのは嬉しいです。

おいらの住む江蘇省の片田舎は、そろそろ菜の花が咲きます。川辺が黄色く染まってとっても綺麗です。

でも、中国って菜の花を食べる習慣は無いみたいです。少なくともおいらが行く地元のレストラン10軒くらいではみたことがありません。聞いた範囲の地元の人も「菜種油は昔からあって、減ったけどまだある。でも菜の花は食べないなぁ」って答えでした。

でも大丈夫。おいらたちが行く日本料理店には菜の花のおひたしとかあります。

さてここで疑問

1)中国人は菜の花を食べない。よって市場にも出ていない

2)川辺にたくさんの菜の花が咲いている

3)日本料理店には菜の花のおひたしなどが置いてある

この状況に置いて「この菜の花って川辺から採ってきた?」というおいらの質問に「そんなことない!市場で買った!」と若干ムキになって言う店長さんの言葉を、おいらは信じて良いのでしょうか?

話がそれました。今日も暖かそうなので桜の有名な掃部山公園を通ってみようと思います。