現実的

大阪府民からすれば、なんでも途中で投げ出す橋下市長に対して諦念を持っているだろう。
問題なのは、その橋下氏に対抗できる候補者がいるかどうかだろう?

親が実業家で十分な運転資金の提供、事業に必要な事務所の提供及び諸経費関係をバックアップしているから成り立っているに過ぎないと思います。 一応現在は1円でも株式会社は成立するとどっかで聞いたことはありますが、業務内容からして収益が十分に確保しているとは言い難いと思います。
完全独立タイプではなく、例えば親や親類が経営している会社の関連会社か何かでなければ、運営は一月も持たないだろうと思いますなぁ。
ましてや「ヒルズ」に事務所って・・・家賃だけで百万単位の場所ぢゃないでしょうかね? そんなとこに事務所構えて己の給与から各種諸経費等々を考慮すりゃ、確実に赤字必至かと、持ち上げるのは話題性があるだけで、現実的な話をすればこの子だけの力ではあるまいにとも思います。 かなり参考になるかもしれない。