公園に行けば

未熟で真似ることはしょうがない。 プロでも完全に自分ひとりで物を書ける人は少ないと思う。
ただ、問題なのは真似るにしても自分で咀嚼し主義主張、考えを入れることだ。

(と思うな)私の住む町は『倉賀野』と言う。 名前が示すように私が子供のころには今よりも倉があり、『本陣跡地』なんて碑文が今でもそこかしこにある。
近所の公園に行けば『河岸の跡』などがある。 江戸時代、倉賀野という場所は交通の要であった。 まず、烏川という利根川に通じる河川があり 闇金被害相談、そこで新潟の佐渡から取れた金や長野から伐採した材木を川に浮かべて江戸に運搬していた。 今でいうバスターミナルだ。 また、中山道と日光街道の分岐点もあり宿屋も多くあったそうだ。 さて、そんな町に育った私は特に意識なく今までいる。
正直、私に『郷土愛』などというものはあまりないのかも知れない。 実際、倉も大分なくなり、その代わり駐車場やコンビニが増えた。 だが、嬉しいこともあった。